ホーム > 採用情報 > 職種紹介

職種紹介

金型設計

プレスおよび樹脂成形ラインで利用する金型を設計・開発するのが金型設計の仕事です。
製品製造には1種類ごとに金型が必要になり、ニッパではその金型をすべて内製しています。製品の精度や量産段階での生産効率まで、金型の品質・仕様が大きな影響を与えます。

お客さまが求める製品について、開発段階からパートナーとして一緒にプロジェクトに参加します。そして試作段階から改良を繰り返し、より精度の高い金型を作り上げていきます。

お客さまの指示どおりに製品を作るだけでなく、プレスの専門家として提案を行うこともします。自分で設計した金型から製品ができあがったときは、誰もが感動します。

この仕事をしている先輩のインタビューを見る

生産設備設計

プレス機や前後工程の自動化ロボットまで、トータルのラインを設計するのが生産設備設計の仕事です。

金型設計と連携し、生産ライン全体を組み立てます。生産量、コスト、人員配置、品質などすべてを踏まえ、最適なラインを設計することが求められます。

ラインが完成し、量産体制になった後も、稼働率のチェック・効率の向上など、常により良くするための工夫が求められます。

品質管理

金型および生産設備設計がライン構築を行う段階からプロジェクトに関わり、品質の高い部品をより安定して生産できるよう品質指導・FMEA (Failure Mode and Effect Analysis : 故障モードと影響解析)を行うことで、不良品の発生リスクをより低減させます。

ライン稼動後は、より品質を安定し不良品ゼロに近づけるようチェック・指導を行います。

営業

お客さまの動向をとらえ、お客さまが欲している技術・製品を理解し、ニッパができることを提案します。でき上がった製品を売るのではなく、お客さまと一緒に求める製品を作っていくのが営業の姿勢です。

営業が得る情報をもとに、社内に技術部門を含めたプロジェクトが立ち上がります。プロジェクトの推進役が営業であり、スケジュール管理・価格交渉・ライバル状況の把握などを行います。

既存の取引に対して、新しい価値の提案をしていくのが求められる役割です。営業が持ってくる情報をもとに、技術開発の方向性が決まるほど情報収集が重要視されています。

この仕事をしている先輩のインタビューを見る

経営企画

経営企画の役割は大きく次の2つがあります。

  • 会社の将来を見て全社的な採算、中長期の開発・投資の方向性を決めるための情報の収集を行います。バランスの取れた幅広い知識とコミュニケーション能力が求められます。
  • 現在の会社の経営状況を分析します。製品ごとの原価、工場の稼働率などを算出し、改善点を見つけ出すことも求められます。

ときにはお客さまとの調整も必要になり、社内・社外を問わずコーディネーターとしての能力を磨いていただきます。

ページの先頭へ